2016/11/24

Live2Dはじめて講座生放送のおしらせ

Live2D、使ってみたいけどどうしたらいいかわからない。
触ってみる勇気が出ない。
そんな方に向けて、

Live2DのFREE版で、自分の絵(ミニキャラ)を動かしてみる!

というのを目標に、

  • パーツ分けをできるだけ簡単に!
  • ポリゴンの打ち直しとか難しいことはしない!
  • でもどうやれば動くかはなんとなくわかる!
という生放送講座を開催します。Live2Dを触ってみたかったけどいまいち重い腰が上がらなかった人、ぜひ見に来てくださいね。

開催日は12/4(日)21時ごろから
1時間程度、twichで行う予定です。

twichで過去行った講座はこちら。



今回作るのは、こんな感じのムービーが作れるモデルです。
※解説の関係でイラストはミニキャラ限定にさせてください。
縦に伸びたり、腕を振ったりするようにもできます。
動いたり表情を変えたりする見本はこちらの動画をご覧ください。表情の変化を加えたりはしていますが、体の構造は同じものとなっています。

そして、大事なお願いなのですが
生放送を受講する前に、やっておいてほしいことが3つあります。
当日のスムーズな進行のために、よろしくお願いいたします。


①Cubism Editor とLive2D Viewerをダウンロード・インストールしておく



どれも公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。
ModelerとAnimatorはシリアルを入力せずに起動するとFREE版として起動できます。


②事前資料のダウンロードをしておく


こちらから事前資料をダウンロードしておいてください。
http://firestorage.jp/download/190627ac4d3bfbb544c3426d978c3875ddf9fc9d

中身は以下の3つです。
【mihon.psd】:イラストを描くときの見本にしてください。絵を消してレイヤー見本として使っていただいても構いません。
【yomikomi.psd】:読み込み直前の統合した状態です。イラストが描けない人はこちらを使って受講してもOKです。
【モデル.cmox】:今回作成するモデルの見本です。パラメーターはちょっと変える予定です。

③イラストを描く。


※今回は「ミニキャラ絵限定」の講座とさせていただきます。

事前資料の【yomikomi.psd】のように各パーツを分けて、背景のない状態のpsdファイルにしておきます。
※カラーモードはRGB、あまり大きすぎない(長辺1000ピクセル程度)画像にします。

パーツの分け方の参考画像を用意しておいたので、【mihon.psd】と合わせて参考にしてみてください。


以上、ご協力よろしくお願いいたします。


また、講座の最後におまけ的な中級~程度のモデル解説を行おうと考えています。(講座ではなく解説程度です)twiterでアンケートを取っていますので、よろしければご回答ください。
(12/4追記・乳揺れになりました)

(12/4追記)

無事終了しました。マイク設定ミスがあり申し訳ありませんでした。
モーションファイルをアップしましたので、モーションをアニメーターにインポートする方法などをご覧になってアニメーションを作ってみてください。

また、今回の動画もアップしましたのでよろしくお願いいたします!(4分くらい無音です)


こちらの動画、資料等は教育や研究目的でしたら自由に使っていただいても構いません。
関西圏でしたら講座の出張も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。(初心者向けから発展したリアルタイムモデル作成の講座も可能です)

この講座を見てからビギナーのためのLive2Dテクニックガイドを読んでいただくと、より分かりやすくなると思いますので、もし買ってわからなかった人もぜひ見ていただけると嬉しいです!

2016/06/25

『ビギナーのためのLive2Dテクニックガイド 』6/25発売!


 このブログでもたびたび研究等を行ってきて、講師もさせていただいているソフトLive2Dの入門書籍を執筆しました。工学社様より本日6/25発売です。
 イラストレーターさんが、自分のイラストで動くモデルを自分で作成する事ができる本にしよう!というコンセプトのもとに書いた本です。授業を通して学生さんが理解しづらかったことや質問されたことについて、なるべく拾っていく形で書いていったので、一人で習得しようとしてつまづいている方や悩んでいる方に届けばいいなと思います。また、自分でも使う用にツールや汎用モデルのパラメータID命名則、デフォーマの分割数などものせていますので、扱いに少し慣れたという方にも使っていただける内容となっています。

【サンプルデータ】
本書に使用した画像のPSDや途中のデータ、素材などはこちらのページからダウンロードできるようになっています。パスワードは本誌2ページ目をご覧ください。
https://www.kohgakusha.co.jp/support/live2d/index.html


【内容について】
各章ごとに簡単に内容について解説させていただきます。

■1章 「Live2D」ってなに?
3時間ほどで完成する簡単なモデルづくりを通して、Live2Dの仕組みを学びます。こちらは学校で行った「80分×2で自作絵を描いてLive2Dモデルを動かすところまで体験してみる」という特別講義の内容をブラッシュアップしたものになります。学校や開発チーム等でのLive2D導入の講義におススメです。

■2章 「Live2Dイラスト」のパーツ分け
カラーでイラストをパーツ分けする時の注意点やコツなどについて解説しています。
パーツの前後の考え方などがわかるようにがんばりました。

■3章 「Live2D」用イラストの描き方
Live2D用にパーツを分けたイラストを描く時のレイヤー管理方法や書き出しの注意点について解説しています。Tipsとして正面絵を描く時の方法やアナログ絵からパーツ分けを行うときの方法も解説しています。

■4章「Live2D Cubism Modeler」でのモデリング
この本のメイン、モデリングの解説です。なるべく初めて触る人もわかるように、描画オブジェクトやデフォーマの概念、ポリゴン配置するときの点はどう考えると迷いなく打てるか、キーフォームを作りやすい動かし方を考え方とともに書いています。特に初心者さんがどうしたらいいかわからない目の開閉や顔のXYにた~~~~っぷりページを割いていますので必見です!
また、よくある失敗と対策についても書いていますので困ったときの対処法が見つかるかもしれません。

■5章 「Live2Dモデル」を活用しよう!
ゲーム等に組み込むためのmocファイルの解説を中心に、作ったモデルを活用するために準備することを解説しています。また、それを踏まえて準備したものをFacerigに読み込み、動かしてみるという解説も書きました。

そして、ダウンロードコンテンツとしてフリーで商用に利用していただけるモデルやモーションがダウンロードできます。ぜひご活用ください!

 この本は自分の描いた絵がアニメーションになるのを見てみたい、動かしてみたい!という方のための本です。気になる方はぜひ購入して、試してみてください!
本日発売となりますのでよろしくお願いいたします。

出版社webサイト:https://goo.gl/TI5RC6
amazon:https://goo.gl/jQcxVb
紀伊国屋書店:https://goo.gl/B3HMeJ
TSUTAYAオンライン:http://goo.gl/F8yf02



PRムービーもありますので、気になる方はご覧ください!
(書店様での利用もOKです!)
※工学社さまが投稿してくださってたほうの動画に差し替えました。

2015/12/31

2015年を振り返ってみるの巻

シケモクMKさんのブログの記事で拙作を紹介していただいて、
こういう振り返り記事いいなあと思ったのでマネしてみます。
4期に分けてやったこととか反省とか、思いつくままに書いてみました。

◆1月~3月

新連載の準備と、ひたすらMMDをいじくりまわしていた気がします。自分の作ったキャラクターが3D空間の中で動くということにひたすら感動していました。3月公開だけど作業してたのは2月の動画「ドーナツホール」が、夢の形を現実にできたものかなと自分では思っています。

3月に「高1ですが異世界で城主始めました」(原作:鏡 裕之先生、キャラクター原案:ごばん先生)のコミカライズ連載が始まりました。
なかなかペースがつかめずいまだに四苦八苦しています…。

また、3月末にコミケットスペシャルに参加して創作の途中まとめ本を発行したのですが、これが途中というのもあったのかほとんどの方に見てもらえないという事態になり惨敗…。立ち読みすらされないという状況にしばらくオフラインイベントの参加は控えようと思うくらい落ち込んでました。
落ち込みつつも新幹線の中でティラノスクリプトでLive2Dを使ってノベルゲームを作れるという記事を見かけ、なぜか「そうだ!ノベルゲームを作ろう!公開は…エイプリルフールだ!」と思い立ちます。この時点であと3日、まったく真っ白の状態でした。

◆4月~6月


そして4/1「放課後くえすと!2」公開。
エイプリルフールなのに全然嘘ついてないというもうなんだかわけのわからない企画でした。
ティラノスクリプトで立ち絵、イベントシーンでLive2Dを使用したのが初めてのケースだったらしく、その後も活用例としていろいろと取り上げていただいたりしました。
※Nyu Media.様のご協力で英語版も実装されました。

それから、お仕事としては講師として専門学校でLive2Dを教えはじめました。
とにかく連載原稿を書きながら週1の兵庫から京都への通勤に体が慣れなくて大変だった記憶しかないです…。(半年くらいでやっと慣れた)あと、複数の人前で話すというのもなかなか今までなかったので、話していると息が上がってしまい…それもけっこう苦労しました。
生徒さんはとてもいい人たちで、教えながらも毎回たくさんの事を教えてもらってます。

また、この期間に制作した動画「Aliveの魔法」がLive2D Creative Award2015でありがたくもクリエイティブ賞(準グランプリ)を受賞いたしました。
いろいろと環境が変わって大変な中でしたが、頑張って完成させて良かったです。

◆7月~9月

暑さに弱いのでこの期間は毎年「からだがしんどい」ってなってる記憶しかないですが…。

連載漫画を描きつつもオリキャラMMDを完成させたいという欲望のままに主要6人のオリキャラモデルを完成させてしまいました。
【MMDオリキャラ】LKprojectキャラ そろったよ【モデル配布】
それで何かが満たされたらしく、長らく止まっていた本編のほうも再開できました。

◆10月~12月

怒涛のマンガばっかりやってた期間でした。

10月は「千本桜」アンソロジー読み切りと「ガールズ&パンツァー」4コマ漫画作業
11月は「高1ですが異世界で城主始めました」単行本発売
12月は自主製作漫画第2章の完成

あと、12月に初のサイン会をさせていただきました。
貴重な経験でした…。

Live2D Advent Calendar 2015の記事を2点書かせていただきました。
そして、なぜかFaceRigチームの人からYouのLive2Dモデル見たよ!FaceRigやってみない?とお誘いをいただき、これは何か報いねば…という気持ちになりFaceRigの記事①FaceRigワークショップに自作Live2Dモデルを追加する方法 ②FaceRigにLive2Dモデルを追加する方法を書きました。

ヤクモレオさん主催のショートPV集に参加しました。
こういう企画にお呼ばれして参加するのは初めてで、とても楽しく作れました。
Live2DやAEを使用した動画作成はこれからもやっていきたいなと思っています。

それから、8月にマンガ図書館Zさまに投稿した「呪われ魔法使いと鈍ら騎士」の冊子版がオフィシャル作品となりました。オフィシャル作品になると商業作品と同じ取り扱いになり、PDFの販売や自動翻訳、Kindle化代行などのサービスが利用可能になるようです。


◆総括

自分はメンタル的にそんなに強い人間ではないので、いつも「どうやったらイケイケモードで頑張れるか」ばっかり思い悩んでいた気がします。(結果的には毎回何とか工夫してそこまで持って行けたので、あとはそのコントロール方法を確実なものにしていきたいです)
それと、一人でやることの限界というか、どんなに手を伸ばしても届かない距離があったり、どんなに大きな声を出しても届かないということはあるんだ、と強く感じた年でもありました。
無力感のなか、感想を言ってくださったり、本を買ったりしてくださった方には本当に心を支えていただきました。感謝しています。
またそんな中、「キミ面白いことをしているね、ちょっとこれもやってみない?」と手を差し伸べてくれた方が何人かいらっしゃって、その全員が強く私の世界を変えてくださったことも印象に残っています。
何でも一人でやれる時代だし、やれることは一人でやるんだ!とソロで頑張るのもいいけど、信頼できる人と一緒に戦うほうがずっといろんな冒険ができるんだなぁと、創作のプレイスタイルに幅ができた気がします。

◆来年について

来年何ができるかはまだ分かりませんが、ありがたくも「城主」の連載と講師のお仕事は続けさせていただけるみたいなので、そちらを頑張りつつ、何か新しいことの「入口」に思いっきり飛び込んだり、入口の前で立って迷っている人の手を引いたりしたいなぁと思っています。

来年の今頃、自分はどういう人になっているのか、今からワクワクしておきます!

ここまで読んでいただきありがとうございました。
来年も何卒よろしくお願いいたします。

2015/12/18

FaceRigにLive2Dモデルを追加する方法

こんにちは、神吉です。
今回もFaceRigについてのお話です。

前回の記事で素材アップロードについて書いたんですが、
そういえばそもそもLive2Dモデルを追加する方法について書いてなかったなと思ったので書かせていただきます。

①Live2D側の準備
前回もご紹介した記事 Using models from Live2D Library in FaceRig を参考にしています。

■準備するファイル
最低限必要なのは、上記のmocファイルのセットをモデルファイルと同じ名前のフォルダに入れたものです。

あればいいものは
●FaceRigに読み込む再の設定ファイル(~.cfg)
●プレビュー用の画像ファイル
ですが、こちらについてはまだ把握し切れていないので後日追記します。

■mocファイルの書き出し方
※12/18現在FaceRigは2.0以前のmocファイルのみ対応しています。クリッピング等は使用できません。

1.ファイル→mocファイル書き出しを選びます。


2.書き出し設定が開くので設定を確認して書き出します。

SDK2.0になっていること、モデル設定ファイルを書き出すにチェックが入っていることを確認して保存します。
生成されたファイル(テクスチャフォルダ、moc本体、jsonファイル)を一つのフォルダにいれます。

②FaceRig側の準備
ファイルはSteamをインストールしたドライブ(PCによって違いますがたいていCかDあたりでしょう)の SteamLibrary/SteamApps/Common/Facerig/Mod/VP/PC_CustomData/Objects の中に、先ほど作成した「フォルダ」を入れます。
※ドライブを分けていない場合、ProgramFiles(X86)/Steam/SteamApps/Common/Facerig/Mod/VP/PC_CustomData/Objects
となっているかも。たぶんどっちか。


準備して起動すると無事読み込まれました。
顔アイコンがないですが、cfgファイルを別途作成して設定します。(後日追記予定)

■おまけ
ドキュメントによると、FaceRig上で反映されるパラメーターは以下の通りだそうです。
顔 XYZ(-30~30)
体 XYZ(-10~10)
呼吸(0~1) ←待機モーションは呼吸になるので、つけておくといいかも
目玉 XY(-1~1)
眼 開閉(0-1) ただし0.75以上で眼が開いた状態になります
目の変形(-1~1)パラメーター名はPARAM_EYE_FORM
まゆ 右左、上下、変形(-1~1)
口 開閉(0-1) 変形(-1~1)変形のパラメーター名はPARAM_MOUTH_FORM

※キャラ名.cfgというファイルを作ることで、キャラクターの名前やアイコン、キーボードショートカットのモーションを入れ替える事ができます。物理演算はjsonファイルのほうで設定します。こちらはまた後日追記します。

2015/12/16

FaceRigワークショップに自作Live2Dモデルを追加する方法

こんにちは、神吉です。
今回はFaseRigという配信プラットフォーム用Webカメラアプリについてのお話です。
このソフトは、ウェブカメラの映像を解析して3Dモデル等のアバターにリアルタイムで表情を反映できるという、いわば「俺が嫁になる!」というすごいソフトです。今月のアップデートでLive2Dモデルが使えるようになり、自作モデルも使用可能ということでけっこう話題になっています。

自作モデルはこんな感じで割と簡単に入れることができます。(12/18追記)

ということで、さらに自作のLive2Dモデルをワークショップ(素材やさんみたいなところ)アップロードしてみんなに使ってもらえるようにする方法を書いてみようと思います。
基本的なsteamワークショップの使用方法については検索してみてください。

また、英語ですがこちらの記事も参考にどうぞ。
■公式のアップロード方法についての記事
[Official FaceRig Guide] Workshop Upload and Download Tutorial
■Faserig用のLive2Dモデルの準備の仕方
Using models from Live2D Library in FaceRig

必要なファイルは

○プレビュー用画像
○mocファイルと同名のフォルダ(この中に以下のファイルを入れます)
 ●テクスチャー用のファイル
 ●mocファイル
 ●jsonファイル
 ●cmoxファイル

になります。これを「Objects」というフォルダの中に入れます。

以上のファイルが用意できたら、Steamクライアントのライブラリ→ツールから FaceRig WorkShop Utility Kitをダウンロードして起動します。


Utility Kitの必要事項を埋めてアップロードします。


以上の手順を経てアップロードができました!
Libra[Live2D content] http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=576016967


これで全世界のみんなにうちの子になりきっていただけるというわけです。
ばんばん自作モデルをアップロードしていきましょう!!

この記事でわからないことや何か質問がありましたら、できるかぎり追記いたしますのでtwitter:rikakのほうに投げていただけると嬉しいです。

また、今回の記事作成とアップロードにはFaceRig Teamの皆様、開発者のCarmen氏に多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございました。